W.Va.→久米島→ニセコ→アジア
aircooled2.exblog.jp
暇人数 | コメ済 | ブログトップ
タグ:トレッキング ( 7 ) タグの人気記事
|
|
2007年 11月 26日 |
膝は一向によくならず。あ~、景色も大したことないし、早く帰りたい!とはいえ、今日もけっこう歩かねばならん。韓国ガールズと別れを告げ(同じルート、同じ宿泊地なんでまた会う可能性高いが)、歩き出す。
途中で分かれ道がある。しかも近道じゃん。ガイドに聞いてみると、こっちなら今日中にポカラ戻れるって!即決!!
b0001947_013081.jpg
b0001947_02228.jpg

だんだん村、というか集落が大きくなってくる。それにつれ道に落ちてるウンコ(牛・馬・山羊糞など。人糞はさすがにないと思う)も増えてくる。
b0001947_02468.jpg

クソッタレマオイストのチェックポイント、今回は無視して素通り。
正規のポイントで帰った報告をして、人生で一番長かったトレッキングも終了。いや、「おうちに帰るまでが遠足」ですから、まだバスでポカラまで戻らんと。

あーーー、疲れたーーーー!
[PR]
by aircooled2 | 2007-11-26 23:59 | ねぱーる |
2007年 11月 25日 |
相変わらず朝は寒いです。そしてヒザはいてぇ!!チクショー、治ってねーがやタイガーバーム、全く効きやしねぇ(まぁ期待してなかったけど)。
午前中は上り中心だったんでよかった。下りになると膝が痛い!あぁ情けない… この俺が。こんな痛みさえなけりゃもっとガスガス速く進んでるのに。
b0001947_23482354.jpg

まぁ特に言うこともなく昼メシはチャーハン。途中で買ったチョコケーキ、そしてコーラ。たまんねぇ。この景色、もしここで景色代とってたらこの宿・レストラン、やばいことになってるだろうね。
b0001947_23494012.jpg
こらぁまさに「さわやかになるヒトトキ」だわ。
にしてもちょっと背景ボケすぎか?!
b0001947_23504526.jpg

そこからは下りで1時間程。あー、しつこいようですが、この痛みさえなければ小走りで下りてやるのに。
でも体重10kg増えたことにだいぶ慣れたらしい。ただ暑くて背中と肩がビッショリするのは厄介。臭くならなきゃいいけど。

で、今日の宿泊地Jhinuに到着。ここのメインは温泉。ま、日本じゃないんで大して期待してない。ニャチャン以来の温泉だー(あれを温泉と呼んでいいのかどうか、微妙だけど)。宿から下りの階段。ちょっと間が開いたんで、一時的に復活した俺の膝。しかも重いトレッキングシューズを脱いでいつものゾーリ。そしてもちろんバックパックもない!
この好条件、走るしかないでしょ!!けっこうな下り(こけたらかなり重傷だろうね)をほぼマックスのスピードで駆け抜けた。ただ悔しいことにガイド君はさすが地元民、生意気にも付いてきやがったね。クソッ、普通の日本人なら余裕でぶっちぎってたのに。

っちゅか、けっこう遠いな温泉。
で、やっと到着。おー、一応温泉っぽいじゃねーか。温度もまぁまぁ。いや、この気温だとこのくらいじゃないと暑くてすぐ出てしまうだろうね。横を流れる川、爆流です。さすがにネタのためでもここで泳ぐのは無理です。ちょっと足つけてみたけど、めっっっさ冷たかったし。雪解け水ってやつかな。30秒以上入ってたら心配停止するね。

で、まった~~~りといい気分だったわけです。
ところが!!ドヤドヤと欧米人が来やがった。いや、別に欧米人嫌いなわけじゃないよ。だけどね、やつらには温泉文化ってのがないわけよ。服を脱いでそのままドプーンとお湯に入るわけです。
オーイ!!足洗え、ワキ洗え、マタ洗え!!あぁ~、温泉にあいつらの腐ったワキガ汁、足ガ汁(!?)、タマガ汁(!?)、チンガ汁(!?)、マンガ汁(!?)が溶け込んでいく…
しかもうちのガイドを含め、ネパーリ共、川の横で普通に石けん使って体洗ってやがる。お前ら、全員ロンプラ読んで出直してこい!!
もう一気にテンション下がったわ。
そして帰りはけっこうな上りだし。まぁ温泉のおかげでだいぶ楽だったけど。
b0001947_2351543.jpg

夜は韓国人の女の子2人と話したり、トランプしたりした。
b0001947_23524253.jpg

[PR]
by aircooled2 | 2007-11-25 23:53 | ねぱーる |
2007年 11月 24日 |
b0001947_21372448.jpg
b0001947_21375735.jpg
ハァハァ、朝焼け、ハァハァ…

うっしゃー、下山だ下山。酸素を求めて下りるぞー!!
容態はあまり変わらんので朝メシも食わずさっさと行動開始。

MBCに着いて少しマシになったんでスープを飲んだ。っちゅか、下りは早いぜ。ただ… 昨日かおとついからちょっと気になってたんだが、右膝が痛む。これはニセコで痛めたとことは別だ。まぁねぇ、いきなり体重10kgくらい増えて過酷な山登りしてみろよ、そら膝も痛むわさ。あー、チクショー、でも悔しい!!この俺が、怪我でもないのに膝の痛みだと??
b0001947_21392964.jpg
b0001947_21431933.jpg

まぁ痛いなりに人並みかそれ以上の速さで下り、今日の宿泊地Bambooへ。
あぁ~~、2日ぶりのシャワー。とろけるわ…

※ これ書いてたらネコが膝の上に乗ってきた。なんちゅーかわいいことしやがるんだこいつ。でもちょっとオシッコくさい、しかもくしゃみが出るよう

になった。あれ、俺ってネコアレルギーなの??
[PR]
by aircooled2 | 2007-11-24 21:26 | ねぱーる |
2007年 11月 23日 |
ヒマラヤトレッキング4日目。あまり筋肉痛になってない、ってのは不思議だ。登ってるときはもう全てが嫌になるくらい疲れんのに、実際は大した運動してねー、ってことですか??
でも、今日は出だしからやや息苦しさを感じる。まだ3000mないのに。気のせいかな??
b0001947_23191870.jpg

ここら辺まで来るとやっと無駄な(?)下りはなくなってきた。で、ひたすら上へ上へ。でもそんなに急でもないので助かる。
昼頃、MBC(Machhapuchhare Base Camp)に到着。ここで標高3700m、ほぼ富士山。だが思ったほどしんどくはない。ペルー、九寨溝、理塘ら辺を経験して俺もだいぶ強くなったのかな?
b0001947_2320126.jpg
b0001947_2324049.jpg

そして後はABC(Annapuruna Base Camp)を目指すのみ。ここもなだらかな上りでよかった。山が近いです!俺も4000mくらいのとこにいるのに、奴ら俺のはるか上をいってます。さすが8000m級、7000m級は違います。でも思ったより雪少なくて残念。
雪景色のきれいさなら、ニセコを出て電車に乗ったときの数時間の方がやばかったね。
b0001947_23205415.jpg
b0001947_2321547.jpg
b0001947_23245473.jpg

そんでー、ついにABC到着!!来たぜ、4100m!!あぁ~、酸素くれ酸素!ギブミーサンソ!でも意外と元気かも。


ベースキャンプでバレーボールやってるツワモノもいる。あぁ、俺もあのくらいタフになりたい。ここで1週間くらい滞在したら、下界に下りてサッカーすげぇ動けるんだろうなー。
b0001947_23253819.jpg
b0001947_23265798.jpg

こーゆー状態で、寝るのはあんまりよくないハズ。それはわかってる。わかってるけど、眠いんだよー!ってわけで、やっぱり寝てしまう。

6時頃起きる。うぅぅ… やっぱり頭痛い。高山病です。高山病。やっぱ頭痛薬持ってくんだったー。
メシは注文したものの、食ったらヤバイ(たぶんすぐピューって返品される)と感じ、ガイド君にあげてさっさと退散。
っちゅか寒いぞ!!こんだけ寒いと感じるのは数年前St. Louis行ったとき以来だな。あんときは華氏でマイナスだったからヤバかった。今回、そこまで気温は低くないと思うんだけど、部屋が寒いのがかなわん。外気と変わらんのじゃないかってくらい。
Tシャツ、フリース、ダウン、ジャケット、厚めの靴下っちゅほぼ完全装備で寝袋に入り、さらにその上から布団をかけてやっと何とかってな感じ。ヤバいね、こら…
[PR]
by aircooled2 | 2007-11-23 23:12 | ねぱーる |
2007年 11月 20日 |
朝7時集合。ガイド君と初顔合わせ。20歳の若造だ。オイオイ、昨日10年くらいの経験のやつが来るって言ってなかったっけ?
タクでバスターミナルまで行って、そこからローカルバス。
b0001947_22514236.jpg

そしていよいよトレッキング開始です。おぉーーっ、けっこう寒いでねーかと思ったら日なたに出た途端、暑い!
しばらくしたら何やら赤い旗が立ってる。うわ、マオイスト。俺の認識では「マオイスト=テロリスト」なんです(意見のある人などはいちいち突っ込まず、俺のような無知な人を減らすようHPでがんばるとか、本出すとかしてちょ)。で、ロンプラには支払いを拒否って殴られたとかそんな話もあるし。そして何より、俺は山賊みたいな奴らだと思ってたから、こんなどうどうといやがってかなり驚いた。っちゅか、こんな堂々としてやがんだったら、ネパール政府、取り締まれよ!で、何日トレッキングする?って聞かれて、6日くらいって嘘ついて、何の相場か知らんけど1日100NRsのところを500NRsにまけてもらった。意外にも奴ら、紳士な態度だったのでまたビックリ。
でも、後で聞いたら普通に無視して振り切れたらしい。なんだよ、俺無視なんかしようものなら殺されかねん(なんせテロリスト集団ですから)と思ってたのに。あーーーーー、500NRs返せクソマオイスト!!!俺の金で爆弾買ったり、無実の市民を殺したりしてると思うと、ほんとへこむわ。

前半は楽勝です。まぁ荷物は重いけど。足取りも軽い。山ってほどの山じゃないから今までのトレッキングと大して変わらん。
いや、しかし、バカっ晴れです。日差しが痛いです。この日差し、けっこうはての浜といい勝負なんじゃないの?ってことは紫外線も通常の5倍程??いや、でも日焼け具合からそれはないな。
b0001947_22521844.jpg
b0001947_2252543.jpg

後半、けっこうしんどくなってきた。今のバックパック、たぶん10kgだと思う。気分はドラゴンボール3巻くらいの悟空とクリリン(牛乳配達しないだけマシだけど)。10kg太るってのはえらいことなんだな。
b0001947_22541687.jpg
桜か!?
b0001947_22551099.jpg
まだ人里離れてないんでキッズもいる。
こいつら、学校の遠足でABC行ったりするんだろうか?!

最後の方、かーなりえらい。太ももつりそうだったもん。これだけ足を酷使したのは黄山以来だね。
3時頃、本日の宿泊地Ghandrukに到着。部屋はなかなかいい部屋。お湯も出るし。あぁ~~、お湯シャワー最高!!しかもポカラの街ですら10NRsとった水が、なんとタダ!!

お山のことを考えて、シャワーは短め。洗濯も軽めってのが少し辛いがしゃーない。昨日買った生分解性の石けん、意外と使える。髪の毛から尻毛まで、そして洗濯も。でもやや減りが早いような…
b0001947_2256298.jpg

[PR]
by aircooled2 | 2007-11-20 22:47 | ねぱーる |
2007年 09月 05日 |
朝メシはリッチにカフェで(他にあまり選択肢が浮かばん)。オーガニックのラオコーヒー、珍しくブラックで出てきたけど、別にって感じだった。ちょっと薄い気ぃするし。

天気がイマイチだが、$15もするツアーに参加。俺以外はみんなヨーロッパ系。トゥクトゥクの席でタバコ吸い出して1人不機嫌。きっと愛想の悪いアジア人だと思われてんだろうな。
洞窟を見た。チェンマイでの苦い思い出があるんで、当然靴履いてった俺に対し、他全員島ゾーリ。まぁガイドはいいとして、お前ら、このゾーリマンの俺ですら靴履いてんのに… 案の定、ドロドロのグチャグチャで全く歯が立たない。ガイドだけはさすが、ゾーリで普通に行ってたけどね(→ちと悔しい)。
b0001947_15542116.jpg
b0001947_1554429.jpg
b0001947_15551339.jpg
このトンボ、勝手に
"Dragon Fruit Dragon Fly"
と名付けさせてもらう。

昼飯は串焼きバーベキュー。うまかった。卵入りチャーハンを食えない、って外人がいてチャーハンを2人前食えたし(ただし、ちょっと食い過ぎの感あり)。
午後はモン族(だっけ?)の村。ごく普通のラオスの村だった。
も1個中で泳げる洞窟を見に行く予定が、水位がありすぎて洞窟の入り口にすら近付けず。
b0001947_15585257.jpg

その後、少し車で移動してタイヤチューブで川下り。W.Va.でやったときは、流れがたるすぎてつまらんかったが、今回はけっこう速くてよい。
途中で上陸して(何ヶ所か外人の好きそうなバーみたいなのがあった)、飛び込んで遊んだ。ロープがあって、そこに滑車で滑るのがあって、ダーっと流れてって、最後に飛び降りる感じ。飛び降りるのが早ければ早いほど、高さが出る。
1回目、けっこうきれいにバックフリップきめてなかなか好評でした。2回目は愉快に落ちようと思って頭から落ちてみた。ただ落ちるだけじゃねーんだよ、落ちながらスピードもあるからほぼまっすぐ頭から落ちたような気がしたが、すっげー衝撃が腹にきた。10分くらいおとなしくしてた。
最後の方はけっこう寒くて、もーいーよ、って感じ。
b0001947_1655320.jpg

ツアーのメンバーで夕メシを食いに。ラオスで一番豪華なメシだったな。シェークに始まり、メインの炒め物、フィニッシュはRice Pudding w/ Custard & Mango的なメニュー。普通さ、ライスプリンなんてあると、米ベースのプリンみたいなのを想像するじゃん。
で、出てきたのは米(もち米)そのもの。なんちゅーか、最近バスターミナルで食ってるあの竹に入ったアレみたいな感じ。でも意外とうまい。酸味きつめのマンゴーもいい味出してたし。何よりボリュームあるのがいいね。
ただし、しめて44000K、500円オーバー。キャーーーーッ!!!!

帰りは止まない土砂降りの中、上半身裸で走って帰った。レストランでビニール袋くれたから持ち物は濡れずにすんだ。こーゆーちょっとした優しさはけっこう嬉しいもんだ。
[PR]
by aircooled2 | 2007-09-05 15:47 | 裸雄 |
2007年 08月 18日 |
宿目の前の旅行会社に集合、別のところで西洋人カップルを乗せ、旅行会社の事務所(?)に寄って出発。
途中、どっかの街の市場に立ち寄る。そこでメシとか買い物とか。フライドチキンがうまかった。ゲテものも売ってた(↓セミ?)。
b0001947_15592080.jpg

車を降りて、いよいよトレッキング開始。
昼飯に少数民族(だと思う)の村に立ち寄る。とは言え、別に村って言うだけで、民族衣装着てるわけでもないし、電気も通ってる。
b0001947_1611346.jpg

全体的に、そんなに激しいわけではない。久しぶりに靴で歩いた。虫刺されとかで長ズボンにしたけど、やっぱり暑いのでめくってる。意味ね~。とりあえず暑いです。猛暑です、酷暑です。バックパックがまたまた臭くなりそうです。
b0001947_163374.jpg

そして夕方、今日の宿泊地、首長族の村に到着。うわっっ、ほんとに長い!!これ、ここ最近で稀に見る、かなりの感動!しかも女の子(←子供ね)かわいい!愛想もいいし、写真撮ってももちろん金なんか要求しないし、嫌がりもせん。
b0001947_1651221.jpg
b0001947_1684756.jpg

いや~、何か楽しいな。夜のメシもなかなかうまかった。他のグループも混ざってよかったし。そのグループのガイド2人のうちの1人の女の人はかなりかわいく、羨ましい限りだ。うちのガイドは勝手にドンドン進んでってまうし、あんま説明とかないし…

夜、焚き火があったんでやっっっっと燃やすことができたもの。中国の電車の中で少年にもらった手書きのお守り(?)。たぶん燃やせ、と支持していたんだと思う。おかげで今までT/Cはぱくられたものの、大きな問題なくやってこれた。燃やしたからにはこれからもっとうまくいくんだろうな。頼むぜ!!
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Honey&Blue Skin by Sun&Moon